パティシエ専門学校への入学をお考えなら

パティシエ専門学校在学中に目指せる国家資格とは?

在学中に目指せる国家資格とは? パティシエとして働くために、必ず資格が必要というわけではありませんが、取得しておきたい国家資格として、製菓衛生師と菓子製造技能士があります。どちらも厚生労働省が所管する資格です。
製菓衛生師は、受験資格として製菓衛生士養成施設として都道府県知事に指定されたパティシエ専門学校などで所定のカリキュラムを修了することが必要です。また、2年以上菓子製造業に従事するという実務経験でも、受験することができます。菓子の製造技術だけでなく、食品としての安全管理や、製造現場などの衛生管理を責任をもっておこなうための学習が必要となります。
菓子製造技能士は1級と2級があり、2級の受験資格は、パティシエ専門学校など職種に関連する専門学校、短大、高専、高校専攻科の卒業生か、厚生労働大臣の指定する専修学校、各種学校の卒業者で800時間以上の修了者などです。また、2年以上の実務経験でも受験できます。1級を受験するには、2級合格後2年以上の実務経験が必要です。
また、7年以上の実務経験や学歴に応じた年数の実務経験で、直接受験することもできます。実際にお菓子を作る実技試験もあり、合格率は2級で4割程度、1級は3割程度と技能士検定の中では難関の部類です。それだけに取得する価値のある資格ともいえます。

独学では学べないスキルをパティシエ専門学校で身に付けよう!

独学では学べないスキルをパティシエ専門学校で身に付けよう! パティシエになりたいと夢を抱いている方のなかには、独学で学ぼうと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、もしもパティシエを目指すのであれば、パティシエ専門学校へ通うことをおすすめします。
パティシエ専門学校では、お菓子作りの基礎だけではなく用語や必要となる道具の使い方なども学ぶことが出来ます。パティシエになるために最も必要な技術であるデコレーションは練習を積み重ねなくてはなりませんが、独学でどれだけ練習をしても上達出来ないと悩まれている方も少なくはありません。
実は、パティシエの技術には第三者が関与しなくては得ることが出来ない個々にあるクセを改善する必要性があります。腕の使い方などを動画などで学んで真似ても同じように出来ないのは、個々に異なるクセが要因であると考えられます。
そのため、パティシエ専門学校へ通うことで、一人ひとり異なる指導を受けることができ、独学では成功できなかった高度な技術も身に付けることが出来ます。

新着情報

◎2023/6/19

情報を追加しました。

> 夏休みに留学も可能!世界で人気のパティシエ専門学校に行こう
> パティシエの専門学校ではどのような授業内容を学ぶのか?
> 何歳まで進学可能?パティシエ専門学校の入学ルール
> スイーツ作りのプロになろう!パティシエ専門学校の良さ
> パティシエ専門学校に通いたいけど学力って必要? そんな質問に答えよう‼

◎2019/1/15

製菓のプロになるために
の情報を更新しました。

◎2018/9/4

注目の自習スペース!
の情報を更新しました。

◎2018/5/8

夜間の専門学校に入学する
の情報を更新しました。

◎2018/1/11

専門学校は全員卒業できる?
の情報を更新しました。

◎2017/10/5

テスト内容とは?
の情報を更新しました。

◎2017/9/8

サイト公開しました

「パティシエ 資格」
に関連するツイート
Twitter

返信先:パティシエ資格すごい! 使う器具の水滴、確かに影響大きそう。 お菓子つくりの時は、注意しますね。 アドバイスありがとうございます😊

返信先:私もがんばるぞー\(゚∀゚)/実は私はパティシエ資格…持ってます(笑)全く役にたちませんけどね🤭お菓子作りは、材料の分量を守る事と、使う器具?の水滴など敵です…私にわかるのはそれぐらい😆熱中症にはお気をつけてくださいね~('ー')/~

パティシエ』って国家資格が複数必要になるようなめっちゃハードル高い仕事だから、『洋菓子店勤務』ってだけのキャラをそう表記するのは避けて欲しかった…… これで臨吾は、かなり前からパティシエ目指して専門学校通ってたことにしなきゃいけなくなった 正直キツい……

返信先:栄養士は国家資格なので高卒である証明が必要です。選択コースでスポーツ栄養士、教員栄養士、普通の栄養士の3つ。研究系栄養士、パティシエは個人の趣味でとる感じですね、私はフード(マッド)サイエンティストです。キモオタ仲間の坊や

スゥイーツはフランスでの修行経験があるパティシエが手がけ、パンはフレンチ料理人でソムリエの資格も持つ異色なパン職人が焼き上げる、珈琲は元々コーヒーが苦手だった店主が独学で自家焙煎を学び、お店を成長させるために、個々の質を日々高めています。